スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【完成版】エルフーン+サクラビス軸パーティ

【コンセプト】
・サクラビスに依存しない事、つまりバトン抜きでも戦える構成にする
・受けループ、各天候パーティ相手への回答を用意する
・殻を破る→バトンタッチを安全に行う場作りポケモンを用意する


【使用ポケモン】
n368.gifn212.gifn547.gif
n149.gifn445.gifn214.gif



【各ポケモン紹介】
サクラビス
性格:臆病
持ち物:白いハーブ
努力値:172--4-84-52-196
実数値:152--126-145-102-106
れいとうビーム/ハイドロポンプ/バトンタッチ/からをやぶる



今回のパーティのメインその1。素早さは準速ラッキーを意識した調整ポケモンを軒並み抜ける程度。
ドリュウズの命の珠地震(79.6%~93.4%)+砂ダメージ+ステルスロックを確定耐え、ガブリアスの鉢巻地震耐え程度。
特殊耐久は正直余りで、臆病帯スターミーの10万ボルト最大乱数以外耐え、補正有シャンデラのエナジーボール最大乱数以外耐え等。後述しますがエルフーンで光の壁を張った後や置き土産後に繋げたいので、サクラビス単体でもからを破るを使用できる最低限の耐久。技は特筆する事はないでしょう。
使用してわかった事ですが、適度に堅く単体でも意外と戦えるポテンシャルを持ってると感じます。

ハッサム
性格:意地っ張り
持ち物:オッカのみ
努力値:252-12-108--132-4
実数値:177-167-134--117-86
とんぼがえり/バレットパンチ/つるぎのまい/おいうち


悩んだ末に投入したハッサム。オッカの実は事故防止のため。
役割は呼びやすいユキノオーに対して放る事。追い打ちはハッサムを見て確実に逃げるめざパ炎のないラティ・ユキノオー等を削りサイクルを崩壊させるために採用しました。
サクラビス・エルフーン・ガブ・カイリューと、際立ってユキノオーに弱いポケモンが多いパーティで重要な役割を持ちます。思考停止で蜻蛉返りをしてるだけでも強いです。ナットレイ等を起点に積めますし。

Aは209ガブリアス等の調整ガブリアスの身代わりを確定で破壊する程度。陽気ガブリアスの地震2回耐えを実装すると非常にシビアな努力値配分となるので、特殊耐久をC162ボルトロスの10万ボルトを2耐え・珠ラティオスの10万(波乗り)2耐えに調整しました。眼鏡ラティオスの攻撃はエルフーンで躱したいので、タイマンなら確実に勝てるハッサムで2回耐える必要は無いと判断。弱点に関してはオッカ込みで臆病サザンドラの大文字を耐える程度。

エルフーン
性格:慎重
持ち物:メンタルハーブ(ひかりのねんど)
努力値:252--28--228-0
実数値:167-87-108-87-136-136
ちょうはつ/アンコール/ひかりのかべ/おきみやげ


軸その2。持ち物はボルトロス・トルネロス・エルフーンメタ。発動頻度は低いので粘土の方が見返りが大きいかもと密かに思ってたり…
攻撃手段が皆無なのでほぼ先発。採用理由としてその強力な特性だけでなく、密かにサクラビスとの相性が良い事。壁を張ればエルフーン単体でも弱点を十二分に耐えるので、飛んでくる弱点の炎・氷特殊をアンコールしてサクラビスに繋げば安全にサクラビスが舞える機会を作る事が出来ます。虫・飛行等には「おきみやげ」で流し、サクラビス及びその後続で狩る場を作る、というのが基本的な立ち回り。
サクラビスの弱点の電気・草は特殊寄りが多いのでエルフーンで受ける事が可能で、臨機応変に回して場を荒らせます。存在だけで欠伸カバ・受けループを牽制できるのも◎。
挑発、アンコールの両立は臨機応変に立ち回れるので意外と役立ちます。いずれも読まれる、想定される技ですが使い所はやはり多いです。

耐久は珠ラティオスの流星群確定耐え(82.6%~98.2%)、一致なら無補正ウルガモスの虫のさざめきが高乱数で耐えれる程度。物理は余りですが一致でもオノノクスの補正有逆鱗を確定で耐えれるので十分な耐久力だと感じます。


カイリュー
性格:ひかえめ
持ち物:たつじんのおび→こうかくレンズ
努力値:164--4-196-116-28
実数値:187-137-116-159-135-104
りゅうせいぐん/ぼうふう/だいもんじ/しんそく



お馴染みマルチスケイルカイリュー。終盤の掃除役。
物理はガブリアス、ヘラクロスやハッサムがいるのでカイリューは小回りが利く特殊型を採用しました。
暴風と共に雨パを牽制できる雷の採用も考えましたが、ナットレイやハッサムに良いように動かれたくないので炎技の採用です。前にも書きましたが、「バトンで繋ぐ」事を考えると、MAXの状態で繋げば攻撃を半減する特性を持つカイリューは最もふさわしい存在だと思います。
実戦では意外と単独での使用が目立ち、圧倒的なタイマン性能が光りました。
帯を持つことで役割対象には十分すぎる火力で、特殊受けでない限り一致暴風でほとんどの相手を二発で仕留めるので、火力に調整先が思い当たりませんでした。そのため、素早さを準速ラッキ-を意識した実数値103を上回る素早さを確保しました。
耐久は有名な眼鏡ラティオスの流星群・鉢巻ガブリアスの逆鱗確定耐えです。耐久調整した鉢巻カイリューの逆鱗もいい乱数で耐えてくれます。

追記:折角バトンタッチしても暴風や流星群の外しで負けたり不利に追い込まれる事が多々あり、元より等倍相手に打つことが多かったので持ち物を広角レンズに変更しました。
負け筋の大部分が糞外しでしたし…

ガブリアス
性格:陽気
持ち物:気合いのタスキ
努力値:60-188-4--4-252
実数値:191-174-116-90-106-169
げきりん/ダブルチョップ/じしん/だいもんじ


サクラビスバトンの交代先として最も有名なポケモンだと思います。
一致高火力、連続技、相性補完に優れた技、受けループで退く必要がない大文字搭載と至れり尽くせりですが、マークの厳しさも感じます。
役割的には砂・雨、受けループを任せる。襷の理由は、相手の雨パのキングドラの攻撃で出落ちする事を防ぐためです。襷なのにAS全振りでなく調整をしてる理由は、スカーフ陽気オノノクスのダブルチョップを耐える事が理由です。パーティにカイリューがいる以上、最高クラスのカイリューメタとして使用率が増加しているオノノクスは意識しないといけない相手だと感じます。


ヘラクロス
性格:意地っ張り
持ち物:いのちのたま(広角レンズ)
努力値:156-76-4--84-188
実数値:175-170-96---126-129
ストーンエッジ/インファイト/メガホーン/フェイント


実は実戦で回してもっともバトン先に指名したのがヘラクロス。
珠+からをやぶるで2段階上昇の攻撃を耐えるのは等倍では特化に近いカバルドン位。臆病ラティオスのサイコキネシスを耐える程度の目安の耐久があるので、単独でも水等の低下力耐久型に安全に繰り出せる耐久力を持っています。
確定で落とせる相手がバトンによって大幅に増えるので、等倍相手でインファイトによる耐久低下を気にする必要が少なくなり、非常に使いやすいです。
相性補完に優れた高火力技を持つので、単独使用の場合でも読み次第で繰り出される相手を倒す事が可能です。襷と天然ヌオーのカウンターとワロスには無力・・

使ってみて、バトンタッチが無くても各々のポテンシャルのお陰で十分勝てる事を実感。
エルフーン+サクラビスを軸としつつも、受けループや砂(カバルドン・ドリュウズ・ラティ)、雨パ・ノオー入りパ等に対する選出を用意しているお陰で、コンセプトを定めたパーティながら柔軟な立ち回りが出来ました。
とはいってもまだ30戦程度しか回していないので、苦手がはっきり見えてくるのはこれからかな…
はっきりした負け筋はヘラクロスとカイリューの技外し。こればっかりは仕方ないね\(^o^)/
スポンサーサイト

【続】サクラビス-エルフーン軸

前回記事のパーティを使うにあたり、やはりユキノオー・マンムーを意識しないと行けない事を感じる。
特にユキノオー…
・エルフーンに対する対策としての相手の選出
・サクラビスに対しての圧力
・カイリュー、ガブリアスに対するタイマン性能

以上の事象から、ノオーが無視できない存在である事を再確認。
4匹+ヘラクロスで回す事を考えたが、相手のノオーが10中8.9選出される事、ノオーが襷である事を考えると、エルフーンの置き土産+光の壁でも安定しない。
言うまでもないが、狩れない事はないのだがノオー1匹でぶち抜かれる構築にはしてはいけないと感じる。
ヘラクロスはノオードラン等の構築にも強気に出れるが、ノオーに対してこいつ1匹では心もとない。等倍で繰り出す事に多少の不安要素もある。

という考えでヘラクロスを選択とした上でラスト2枠にハッサム、ロトム(水)をピックアップ。
構成は
悪ジュエルorオッカ@追い打ちバレットパンチ蜻蛉アクロバット(どこかを剣舞にして珠という選択肢も考慮中)
ラム@ハイドロ雨乞い雷(ボルチェンor壁)

採用理由として、ハッサムがヘラ以上にノオーに強く後出しが効く事。
追い打ちはキャッチ用。ノオーの襷潰しが出来ればサクラバトンも非常に安定する。
ラティに流星を打たせてしまった場合にも死にだしからのキャッチでイーブンに持ち込める。
ラティは襷ガブ、調整カイリューでタイマンで勝てる上、サポートでもエルフーンで牽制できるのでので、意識すべきは後ろの誰かかもしれないけど・・
ハッサムを見てサイクルを回そうとする相手を追い打ち、蜻蛉で削れる事は、ステルスロックを持たないこのパーティとのシナジーがいいかもしれない。机上論だけど…


ロトムに関しては、存在自体が砂対策である事、前5匹ではこちらの選出次第ではブルンゲル、ヤドラン、ギャラドスが重い事、パルシェンやマンムー等に強い事が候補とした理由。
ラムはカバの欠伸ループ回避
雨乞いは特殊カイリューの暴風、ヘラクロスorハッサムの弱点緩和(+エルフーンの光の壁でダメ半減)、サクラビスとのシナジーの良さ
ニョロトノを使用しない理由として、サクラビス+ニョロトノの場合、弱点となる電気を強く呼ぶこととなり、相手のめざ氷所持まで考慮すると今の構成ではバックでの受けが安定しないためである。
副産物であるが、バトン型フワライドの小さくなるに対して、「雨乞い+必中雷」で牽制出来るのも利点。バトン先が地面とか知らない。身代わりをバトンされないだけでこちらとしては相当楽になる。

ここからは完全にメモ
【ヘラクロス+ロトム】
ノオーには弱いまま。A2アップで殆どの相手を1確にし、グライ以外の受けも2確以上にするヘラと、天候のオプションとしても、様々な相手の対策としても使えるロトムの組み合わせ。
ヘラの飛行・炎弱点、苦手なグロスやグライを対処出来るロトム
ロトムの弱点の草を半減し、呼ぶサザンラティに圧力をかけられるヘラクロスという、相性補完としても優秀な組み合わせ

【ハッサム+ロトム】
ハッサムという得手不得手のはっきりしたポケモンの存在によって、相手のノオー+ヒードランとこちらのハッサム、ロトムでの交代戦という可能性がある。が、こちらは蜻蛉ボルチェンという優秀な技でアドを取れるという、なかなか優秀な組み合わせ。
こうして考えると、「バトンに頼らないパーティ」というコンセプトに合致した、単体でも行ける組み合わせではあると感じる。

【ヘラクロス+ハッサム】
相性補完としては完全にoutな組み合わせ。セットでギャラドスや猿を呼びまくるおまけつき。
バック4体とは相性補完がある程度出来ているので、バトンパとして考えればまあまあ強いかも?
呼ぶノオーら氷を強くけん制出来るのがメリット。
ロトムを使用しない場合、ブルンが重い存在となるため、ヘラクロスにはシャドークローが安定技として採用されるか

こればかりは机上論なので使用しないとわからないですね…
基本的にエルフーン+サクラビス+ガブで選出すると考えた時、後ろに確実に勝てるという組み合わせが存在しない事は気がかり。
いっそ補完や不得手を考えず、裏にバンギ+ドリュ(ロトム・ガブ)、あるいは雨ロトム+グドラ+カイリューorヘラのような必勝パターンを置く方が強いのかとも少し考えている・・


【構築途中】サクラビス軸パーティ

【使用確定ポケモン】
サクラビス@白いハーブ
からをやぶる/ハイドロポンプ/冷凍ビーム/バトンタッチ

ガブリアス@襷orラム 
ダブルチョップ/地震/大文字/剣舞or逆鱗

カイリュー@帯orジュエル
神速/流星群/暴風/大文字or雷orきあいだま

ヘラクロス@珠
インファイト/メガホーン/ストーンエッジ/フェイントorシャドークロー

エルフーン@メンタルハーブorオボン
おきみやげ/光の壁/挑発/アンコールor攻撃

【ラスト1枠候補】
ウルガモス@ラム
パルシェン@襷orラム
ロトム@オボン


【構築】
おなじみサクラビスのバトンタッチを軸としたパーティ。
抜き性能に優れたガブリアスとのコンビはレートやオフでもそれなりの注目度。でも単純にやるだけでは読まれやすいし、成功率は高くないでしょう。
作る上で心がけたい事が
・サクラビスに依存しない事、つまりバトン抜きでも戦える構成にする
・受けループ、各天候パーティ相手への回答を用意する
・殻を破る→バトンタッチを安全に行う場作りポケモンを用意する


これらが基本中の基本。
また、今回使用するポケモンの天敵になりうるパルシェンやユキノオー、マンムー等のポケモンに対するメタも必要と感じる。

【役割】
・サクラビス(臆病、S全振り以外は調整未定)
このパーティの基本。安全に施行する襷もいいかと思ったものの、交代先に耐久ダウンが行くのは好ましくないのでやはりテンプレ通りハーブにするべきと判断。物理方面に耐久を厚くし、物理相手に強気に立ち回る役割。

・ガブリアス
エースでお馴染みだがちゃんと採用理由もあり。
サクラビスとの組み合わせで相手の砂、雨、晴れに強くなり、何よりも受けループパーティに対して強く出れる事がポイント。
文字を持つことでエアームドにも引かず、チョップでLV1対策や襷対策などもはや圧倒的。
陽気オノノクスのダブルチョップ耐え程度の調整をした上で襷を持たせる方向だが、カバルドンの欠伸ループに強いラムもいいと思ったり。

・カイリュー(164-*-4-204-116-20)
バトンパの宿命である、交代先への攻撃ヒットへの不安を考えた上では、マルチスケイルという特性は最も合理的であると感じたので採用。
テンプレ気味ではあるが準速ラッキー抜き、眼鏡ラティオスの流星群耐え、鉢巻ガブリアスの逆鱗耐え調整という耐久寄りであるため、火力補強と広範囲高火力攻撃を生かした帯持ちの方針。
個人的に最も強いカイリューと感じるのは鉢巻であるが、ガブリアスがいる以上は小回りの利く特殊型が適任と思います。
うまくバトン成功すれば、下方補正のAは実数値276相当となり、A実数値297相当になるA198鉢巻カイリューに肉薄する威力の神速を叩き込める。

・ヘラクロス
だいぶ前に書いた記事の調整ヘラクロス。単純に攻撃範囲が広いだけでなく、前述のガブリアス+カイリューが苦手とするユキノオーの吹雪を2耐え出来るので、前述二匹の対策へのメタになりうる。
通常時は珠でも威力不足のシャドークローも実用的な威力になると思うが、パルシェンとのタイマンに強くなるフェイントも捨てがたい。バトン出来ていれば威力は69となかなか

・エルフーン(特防特化)
実はこのパーティの最大のキー。
選出する場合はサクラビスへの対策が取られていると判断した場合。実はサクラビスと非常に相性補完がよく取れており、特殊方面に脆いサクラビスが安全にバトンが出来るように先制挑発、ラティ等に対する置き土産でサポート。ボルトロスの先制挑発に対してのメンタルハーブ。
自分はエルフーンを使った事がないので、構成をさらに練る必要があるとは思う。


こう見ると攻撃範囲は4匹でほぼ十分。誘いがちなのがオノノクス、パルシェン、マンムー、ユキノオーなど、マークが激しいカイリューに圧力をかけれるポケモンで、カイリュー以外もこれらを誘う事が多いので、残り1匹はこれらへのタイマン性能が高いポケモンがいいと思われる。特に氷連中。

パーティ完成したら完成版記事を書く予定





ランターン【調整】

忙しかったけど久々の更新

調整、立ち回り等云々

n171.gif

性格:おだやか
特性:ちくでん
持ち物:ラムのみ(仮想敵次第では残飯、オボンでもいいです)
努力値:68-*-12-204-220-4
実数値:209-*-80-122-124-88



技:10万ボルト/熱湯/身代わり (選択・電磁波orどくどく 個人的にはどくどく)
選択肢はパーティ次第、という事で。上3つは確定で。

【調整先】
・物理防御
補正有A167ギャラドスの地震  75.5%~88.9%
(特化されると乱数1発 (18.8%)、陽気なら確定二発)
補正無ボーマンダの地震     84.2%~99.5%

ギャラドスが特化するケースが少ない事を考えると強化アイテム無の不一致地震を耐える、最低限の防御。
珠やジュエルを持たれると崩れる上、物理アタッカーは役割外なので、一致高火力からは逃げるべきです。

・特殊防御
臆病ラティオスの眼鏡流星群 76%~89.4%
補正有特化ロトムのハイドロポンプを身代わりが確定耐え(20.5%~24.4%)
無振りブルンゲルのシャドーボールや、特攻130族の等倍めざめるパワーも身代わりで耐える事が可能です。
つまり抜群めざめるパワーは急所に当たっても死にません。

補正有キングドラの珠流星群 57.8%~68.8%(二発目・29.6%~35.4%)
回復アイテムがあれば連発されても耐え、電磁波があれば機能停止に出来ます。
同雨眼鏡ハイドロポンプ    43%~50.7%
ダメージ量でアイテムがわかるので、ラムを警戒して電磁波を躊躇する必要が無いです。身代わりには注意。グドラを相手にするときは電磁波がほぼ必須です。

補正有キュウコンのソーラービーム 46.8%~55.5% 臆病なら43%~50.7%
並みの特攻アタッカーのサブウェポンなら安定して受けれます。

・HP 
天候、身代わり意識の16-n調整
ラッキー、サマヨール等の「ナイドヘッド」「地球投げ」確定耐え

・火力
H252-D4ロトムを10万ボルトで33.1%~40.1%(99.98%の超高乱数3発)
H252サンダーの身代わりを10万ボルトで確定破壊
H252-D4スイクン 47.3%~56%
同ブルンゲル    50.2%~60.8%

【立ち回り】
※重要点
・キングドラ、ラティオス等の特殊アタッカーをストップ・仮想敵にする場合は「電磁波」
・自然回復以外の耐久型、特に輝石勢や水耐久アタッカーを仮想敵にする場合は「どくどく」


前者の場合、注意すべきは珠持ちの「身代わり。」とりわけラティに対してこちらが攻撃手段を持たないので、パーティ壊滅です。またラティには交代受けが出来ないのもネック。というわけで確実性という面で個人的には後者押しです。

ランターンの耐性は水・氷・炎・電気・鋼・飛行とかなり特殊寄りで、特殊なら受けれる範囲は極めて広いです。
苦手となる草、地面を受けれるポケモンが容易に組み込める事を考えると、相性補完をしたパーティを組めれば安定した活躍が見込めると思います。
自分が特筆すべきと感じたのは特殊サブウェポンへの耐性。ポリゴン2の攻撃技をほとんど身代わりで受ける事が出来、サンダーやボルトロス、草以外のロトム、水単タイプのような攻撃範囲(あくまで例えです)はこいつになす術がないです。

しかし、一時期流行したランターンに対して対策を怠るポケモンは少ないでしょう。
ランターンは受ける事が出来るとはいえ、火力の無さもあって、居座られた末に輝石勢流行やナンス意識で搭載される毒々を打たれる事が多いです。特にサンダー・スイクン・ミロカロス、ポリゴン2等です。
これ以外にも、受ける技の性質上、追加効果で状態異常になる事は意外と多いです。
そこで持たせるのが「ラムのみ」です。仮想敵への繰り出しを安定させつつ、次の変化技を防ぐことが出来る身代わりとは最高の相性です。うまくハマればロトムやサンダー、輝石勢を涙目にする事が出来、地面タイプを交換されても一回は水技を打つチャンスが生じます。

技は10万ボルトが安定火力として確定です。
もう一つは波乗りも考えましたが、熱湯の採用には理由があります。
ランターンが最も苦手とするのは単純に地面・草タイプという訳ではありません。パーティとの相関でどうにでもなるこれらのタイプより、むしろ怖いのが「物理アタッカーのごり押し」です。
ヘラクロス、バンギラス等の特化攻撃を一撃ぎりぎり耐える程度の物理耐久しかなく、強化アイテムで確定で持って行かれます。物理高火力はそう簡単に後続で受けれるものでなく、ランターンを使うなら対策必須です。
これが出来ないとランターンがうまく機能せず「ランターン弱い・・」になってしまいます。

そこで強引に繰り出される物理アタッカー、頑丈地面、電気技読みアタッカーへの圧力としての「熱湯」です。
一見「運ゲー」に見えますが、見せるだけで相手への圧力になる上、地面に多い頑丈を潰せる可能性もあります。
3割命中は侮れず、本来受けの役割を持つ相手+αを機能停止させる可能性がある、という点で採用です。
そもそも弱点ついてもランターンの火力では一撃死は難しいですしね。
C振りは起点にされない最低限のライン、と考えるべきです。

冷凍ビーム持ちをよく見ますが、補正をかけないと耐久振りサンダーには半分も喰らわない上、191ガブリアスすら低乱数1発、勿論草タイプも落ちないです。たとえ交代読みでも落とせないので、貴重な技スペースを埋める事はないと思います。

絶対零度スイクン(オボン持ちがテンプレ)相手は一度零度を回避する事が必要ですが、基本安定して狩れるでしょう。

長文失礼しました。



プロフィール

Buccinum

Author:Buccinum
ポケモンの対戦考察や野球に関する話題を垂れ流す自己満足ブログ
流行に乗るよりも「流行をメタりたい」タイプのトレーナー。
巻貝の研究やってます。

「まつばら」
という名前でレート・フリー問わず潜ってます
今年からめでたく社畜になる理系大学生^^
最近はAC5もやってます
野球・サッカー・熱帯魚・レスリングシリーズ好き
趣味:音楽(シンセサイザーとギターを少し)・絵画
好きなキャラ:バンギラス・ヘラクロス・東方の魂魄妖夢

フレ戦、リンク等募集してます。
リンクフリーです。

twitter始めました。
フォローあったら嬉しいです。

skypeID:Bangiras0309

検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
プロ野球データFreak
パリーグ順位表
セリーグ順位表
アクセスカウンター
GoodsFun-グッズファンクレジットカード比較婚約指輪サーチカラコン ピンク
(2012年2月27日設置)
参加ランキング
型紹介
ブロとも一覧

あずまりおどっとこむ!

ベクの湯  ポケモンタイプ統一パ考察/育成論 XY

自称『とりつかい』の日々。

ガイアのつまらなそうで面白い・・・と思ったらやっぱりつまらないそんな平凡すぎる高校生の日常

イカぽ弁当

Biscuit & Wafer

徒然なるポケモン日記

たまらしぃって鮮度がだいじ!

中級なりに考えてみたりするポケモンブログ

ちゅらブロっっ!!

ガチ勢になりきれないシングルレートXY+パズドラ
フリーエリア
ニコ生用コミュニティ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。